このこねこのおすすめビジネス書紹介ブログ

年間700冊の読書家このこねこがあなたに合ったオススメのビジネス書をご紹介!

MENU

♣   今まで読んだおすすめのビジネス書一覧【150冊以上!】【5段階評価付き!】

ビジネスにも活かせる武士道の7つの徳を紹介


今日は『まんがで人生が変わる!武士道:世界を魅了する日本人魂の秘密』(新渡戸 稲造, カネダ工房, 三笠書房)を読んで学んだことを紹介します。


『武士道』と言えば、1900年に留学中に新渡戸稲造がアメリカで出版した本です。

日本人の魂や文化を西洋人にも知ってもらいたいと、という思いで英語で出版したそうです。

 

武士道は7つの徳で構成されていると新渡戸稲造は説きます。

 

目次

 

壱「義」


武士は義を重んじていました。

義とは簡単に言えば正義のことですが、卑怯な行いや不正はしない、弱きものを助ける、といったものが含まれています。

 

ビジネスにおいても決して不正はせず、自らの「義」に従った仕事をしないと大きな成果は得られないと思います。

 

弐「勇」


義を見てせざるは勇無きなり、という言葉があります。

義が心にあっても、行動しなければ意味がないということです。

 

仕事においても、例えアイデアが心にあっても実行しなければ意味はありません。

 

参「仁」


いわゆる情け、思いやりです。

味方だけではなく、敵にも情けをかける心が必要です。

 

嫌な得意先にも思いやりの心をもって接すれば、かならず良い商談がついてくると思います。

 

四「礼」


これはそのままですね。

礼儀という意味だけではなく、謙虚さや相手の心をおもんばかることもこれに含まれます。

 

ビジネスに礼儀が必要なのは言うまでもないですね。

 

伍「誠」


仁や礼が大事だと言いましたが、心がともなっていないとそれは本物とは言えません。

相手への思いやりが見せかけだけのものではなく、心からそう思っていることが重要なのです。

嘘をつかない、正直であること、という意味も含まれます。

 

ビジネスでも嘘をつかない、約束したことは必ず実行する、というのは必須だと思います。

 

六「名誉」


名誉は忍耐強さの源です。

 

得意先に何か失礼なことを言われた時、しっかり言い返すことも名誉かも知れませんが、同時にそこで先々のことを考えて歯をくいしばるのも名誉です。

 

七「忠義」


主君のために尽くすことではありますが、広義には国のために尽くすことでもあります。

 

ビジネスにおいても、世のため人のためになるものこそが、もっともお金が稼げるものになるのです。

 

 

ビジネスにおいても役立つ心得が書いてある『武士道』、興味がある方は是非読んでみてはいかがでしょうか?