このこねこのおすすめビジネス書紹介ブログ

年間700冊の読書家このこねこがあなたに合ったオススメのビジネス書をご紹介!

MENU

♣   今まで読んだおすすめのビジネス書一覧【150冊以上!】【5段階評価付き!】

仕事がつまらない20代、30代におすすめ『まんがで変わる! 仕事は楽しいかね?』【書評6冊目】


仕事や人生で迷った時、大きな悩みに押しつぶされそうになった時、ふと読み直したくなる本ありませんか?

 

読むと常に新しい発見があり、自分を正しい方向に導いてくれる、そんな「人生の指南書」となりうる本を紹介していきたいと思います。

 

6冊目は最近やる気がでない、仕事がつまらないと思っている20代、30代の方におすすめの『まんがで変わる! 仕事は楽しいかね?』(デイル・ドーテン、きこ書房)です!

 



 

目次

 

どんな人向け?


 この本は20代、30代の社会人の方で、最近やる気が出ない、仕事がつまらないと思っている方、

上司から言われたことはまあできているし、営業成績も悪くはない、飛び抜けている訳ではないけれど問題なく順番に出世できそう、

 

でもなんだか今の仕事は物足りない!

そんな漠然として不安がある方におすすめの一冊です。

 

大丈夫!それは全ての社会人が通る道です!

その不安があるということは、あなたはビジネスマンとして次の段階にレベルアップできる状態に達しているということです。

 

今の代わり映えしない日々を変えたいあなた、是非この本を読んでみてください!

本嫌いでも大丈夫。

原作『仕事は楽しいかね? (きこ書房)』も読みましたが、マンガ版の方が要点が上手くまとめられているので自信をもってマンガ版をおすすめできますよ!

 

どんな内容なの?


 この本にはズバリ、つまらない仕事を楽しくする方法が書いてあります。

実はこれ、たった一つのフレーズだけ頭に入れておけば良いのです。

 

 

明日は今日と違う自分になる

引用元:『仕事は楽しいかね?』(デイル・ドーデン,きこ書房)  39P

 

 

仕事を楽しくするためには、何も大きな目標を立てる必要はありません。

あなたは明日会社にいったら、前日までとは違う試みをたった一つだけやれば良いのです。

 

嫌いな上司に声をかける、後輩の仕事ぶりを見てアドバイスしてみる、でもいいでしょう。

会議で何か提案してみる、新しい企画をとりあえず作るだけ作ってみる。

 

この本を手に取って読んでみる、それだけでも良いのです!

仕事を面白くできる人、やる気が継続する人は、常にこの毎日新しいことを一つするというルールを忘れずに日々を過ごしているのです。

 

明日は今日とは違う自分になる。

この効果は絶大です。

 

例えばあなたが毎日新しいことをやって1%だけ成長したとしましょう。

それを365日繰り返すと、1.01×1.01×……(365回文)=37.8倍

すなわちあなたの能力は1年前の37.8倍になるのです!

 

いわゆる1.01の法則と呼ばれるものですね。

毎日1%の成長は無理だよ、という方は0.1%の成長でも良いです。

これでも1年後には1.4倍、2年後には2倍、10年後にちゃんと38倍になれます。

 

じゃあ早速明日から何か新しいことをやってみよう!と思ったあなた。

でもその後に、失敗したらどうしよう、変なことやって怒られたらどうしようという不安が頭に浮かんできて、結局いつも通りの仕事で終わってしまいそうと考えたりしませんでしたか?

 

大丈夫!それも社会人が通る道です。

失敗はしてもいいのです。

 

 

試してみることに失敗はない

引用元:『仕事は楽しいかね?』(デイル・ドーデン,きこ書房)  29P

 

 

最近俳優の山田孝之がコーヒーのCMで言っている「リスクを恐れてやらないことの方が失敗です」はビジネス書では鉄板の原則です。

 

多くの企業は、失敗を恐れて試すこと・変わることをしなくなると滅びます。

GoogleやApple、Facebookやamazonなどの大企業が成長し続けているのは、一重に変わり続けているからです。

 

これは一個人でも同じです。

あなたも失敗を恐れずに新しいことを試し続けなければ、変わらないまま今の安寧に浸かっていては、近いうちに滅びてしまうのです。

 

成功している人達は偶然なのでしょうか?

違います。

 

成功している人達は9回失敗できる人です。

10回中9回失敗することによって、残りの1回の成功を引き当てられる人なのです。

凡人は1回失敗しただけで諦める。

それでは成功できるはずがないのです。

 

大丈夫、人は試してみることが大好きだ


  

 

人は、変化は大嫌いだが、試してみることは大好きなんだ

引用元:『仕事は楽しいかね?』(デイル・ドーデン,きこ書房)  89P

 

 

ホーソーン効果というものがあります。

 

ある工場で実験が行われました。

照明を強くすると、生産高があがりました。

でもなんと照明を弱くしても、前より生産高があがったのです。

実験はこう結論付けます。

労働者は新しいことをするのが好きなのだ、だからちょっとした変化を起こしただけで、業績が良くなってしまうのだ、と。

 

是非あなたもこの本を読んで、毎日変わること・試すことの大事さを実感し、明日からの仕事を楽しいものにしてみませんか?