このこねこのおすすめビジネス書紹介ブログ

年間700冊の読書家このこねこがあなたに合ったオススメのビジネス書をご紹介!

MENU

Kindle Unlimited・Prime Readingで読めるおすすめの「話し方」の本ベスト5


Kindle Unlimited、Prime Readingでは「話し方」に関する本もたくさん読むことができます。

今回はその中からおすすめの5冊を紹介したいと思います。

 

会話が苦手な方、営業の方は是非読んでみてください!

 

※ランキングは2018年10月5日現在のものです。Kindle Unlimited, Prime Readingは無料で読める本の入れ替えが激しいため、無料で読めたものが後日読めなくなっている可能性があります。ご了承ください。

 

1位:『超一流の雑談力』


挨拶や服装などの行動や見た目の大事さ。

話の内容、雑談のネタ選び。

そしてもっとも重要な聞き方。

 

会話の際に重要な要素すべてがシンプルにまとめられている、まさに「話し方」の教科書的な本です。

とりあえずこれ1冊読めば事足りるといっても過言ではありません!

 

見た目も話すことも聞くことも大事な営業マンはまずこれを読めば間違いないでしょう!

2位:『タモリさんに学ぶ 話がとぎれない 雑談の技術』


 

1位と異なりこちらは話の聞き方をメインにして書かれている本です。

 

会話や雑談においては上手く話すより、上手く聞くスキルの方が実は重要なのです。

この本ではそんな聞くスキルが非常にわかりやすく、読みやすい文章で説明されています。

 

本が苦手な人でもサッと読むことができるので、仕事で使うというよりまずは同僚や友人と楽しく雑談がしたい、という人におすすめの一冊です!

3位:『超一流の雑談力「超・実践編」』


1位の『超一流の雑談力』を読んだ方は続けてこれも読むことをオススメします。

 

実践編というだけあって、こういう場合はどう言えばいいの?という問いに具体的なフレーズを添えて答えてくれます。

『超一流の雑談力』では紹介しきれなかったおすすめの技術も載っているのも良いところで、私もこの本の中のフレーズを本当によく使っています。

 

1位と同様営業マンの方に強くおすすめします!

4位:『「いい質問」が人を動かす』


こちらも聞き方メインの本で、特に質問の内容や仕方に特化した本です。

 

会話や雑談で使える質問のみならず、営業で相手から情報を引き出す時、相手にモノを買ってもらう時、部下を育てる時、こどもを育てる時、あらゆる場面で使える質問の仕方が載っています。

 

会話が苦手な方、営業の方以外の方も得られるものが多いおすすめの本です!

5位:『誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方66のルール 』


1位の『超一流の雑談力』は見た目・話し方・聞き方を総括的にどちらかというと営業マン向けに書いた本です。

対してはこちらは話し方や聞き方といった総括的な内容が、同僚や友人とゆるく雑談する場合をメインにして書いている本です。

 

内容も平易な文章でわかりやすく書かれているので、普段本を読まない方にも入ってきやすいと思います。

相手の話に共感するという点に重きをおいて書かれており、雑談だけでなく、旦那や妻、子供、親、友人との何気ない会話に使える技術も満載です。

 

幅広い層の方に読んで欲しいおすすめの本です!