このこねこのおすすめビジネス書紹介ブログ

年間700冊の読書家このこねこがあなたに合ったオススメのビジネス書をご紹介!

MENU

ビジネス書の古典的名著7冊を紹介

日本でも毎年多くのビジネス書が新しく発刊されています。

しかしどのビジネス書も書いてあることは結局同じ、と思う方も多いのではないでしょうか?

 

それもそのはず。

ほとんどのビジネス書は過去に出された本を組み合わせたり、要約したり、伝え方を変えたりしたものに過ぎないのです。

 

そんな中でも、まさに原典と言えるビジネス書の古典的名著が存在します。

今回者そんなビジネス書の古典的名著を7冊紹介したいと思います。

 

読みづらく難易度の高いモノも多いですが、ぜひ挑戦してみてください!

 

目次

ビジネス書の古典的名著7冊を紹介


1.『競争の戦略』

誰もが知るビジネス書の古典的名著と言えばまさにこの本。

(「ほぼ全ての経営者の本棚に置いてある」と著者が豪語するくらい!)

 

『5F分析』という言葉を聞いたことがある人も多いかと思いますが、その原典もこの本なのです。

 

内容はとにかく細かい、細かい、細かすぎる!

あらゆる業界における取るべき戦略がこれでもかというほど詳細に網羅的にに記されています。

言わば戦略の教科書!!

 

本棚においておいて、必要な時に取り出して該当の章を読みたくなる。

そんな最強の古典的名著がこの『競争の戦略』なのです。

 

長くて抑揚のない文章なのでちょっと難しいかも知れませんが、挑戦する価値アリの一冊です。

2.3.『ビジョナリー・カンパニー』『ビジョナリー・カンパニー2』

こちらも超有名な名著!

(名前だけなら聞いたことがある人も多いのではないでしょうか)

 

世界に名を轟かせる超優良企業は一体どんな共通点があるのか、それを徹底的に調べ抜いている本。

うわ、自分の会社と違いすぎ……と読んでショックを受ける方も多いかと思います(笑)

 

やはり最終的には「人」。

いかに「適切な人」を雇い入れていくか、そして育てていくか。

それが重要ですね。

 

他の古典に比べて平易な文章で読みやすいので、小難しい本は苦手だなぁという人にもオススメです。

 

『ビジョナリー・カンパニー2』の詳細は記事にもしていますので、興味がある方はぜひお読みください。

www.konokoneko.com

4.『イノベーションのジレンマ』

スティーブ・ジョブズも愛読した名著がこちら!

起業家やイノベーターのほとんどがこの本を読んでいるんじゃないかというくらい有名な一冊。

 

なぜ大企業ではイノベーションが起きないのか。

ではどうやればイノベーションを起こすことができるのか。

明快な答えを呈示してくれます。

 

イノベーションだけでなく、会社内でのちょっとした変化を起こす際にも非常に参考になるのがこの本の良いところ。

私もこれを読んだおかげで社内での立ち回り方かなりが変わりました。

 

イノベーションを起こそうと思っている人でなくとも、ビジネスマンなら読んでおくべき価値がある一冊です。

 

こちらも記事にしていますのでよろしければどうぞ!

www.konokoneko.com

 

5.『影響力の武器』

これもあなたの考え方を大きく変えてくれる一冊。

ビジネスの基本となるのはやはり営業。

その営業のやり方を感覚的なものから科学的なものへと転換してくれるのがこの『影響力の武器』という本なのです。

 

「返報性」

「一貫性」

「社会的証明」

「好意」

「権威」

「希少性」

 

この6つが人を動かす重要なファクター。

これさえ押さえていれば、社外でも社内でもあなたの仕事はやりやすくなること間違いなしです。

 

少し分厚くて普段本を読まない方には辛いかも知れませんが、挑戦する価値はある一冊です。

6.『人を動かす』

 

人を動かすならこちらの古典的名著も負けてない!!

なんといってもこの本、発刊は1937年!

80年以上も多くの人に読み継がれ、なお内容が色あせないまさにザ・古典的名著なのです。

(私の元上司がその上司に渡されて読んでました(笑)そのぐらい読み継がれてる本なのです)

 

この本もあなたの考えを大きく変えてくれます。

相手を動かす際は、まず相手を動かそうとする。当然ですよね。

でも実はこれ違うんです。

相手を動かす際は、まずは相手によって自分が動かされる。

それにより相手が「あ、自分のためにあなたは動いてくれたんだな。じゃあ私もあなたのために動こう」という流れにしなければいけないのです。

 

立場や権威、怒りなどを使って相手を動かすこともできます。

しかしそれはあくまで短期的な効果でしかない。

長期的に相手を動かすには、まず相手のためになることをする。

少し遠回りにみえても、結果的にはそれが人を動かすための一番の近道になるのです。

 

他のビジネス書に比べると読みやすいので、ぜひ最初の1冊として読んで欲しいおすすめの古典的名著です。

 

こちらも記事にしていますので詳細を知りたい方はぜひお読みください。

www.konokoneko.com

 

7.『7つの習慣』

 

最後はなんといってもこの本!

ビジネス書というか自己啓発書なのですが、ビジネスマンなら絶対に読んで欲しい。

 

多くの人の人生を変えてきた一冊であり、何を隠そう私もこの本によって人生を根本から変えられました。

つい最近同僚もこの本を読み、「今まで普通に仕事をしてきたけど、やっぱり社会への貢献とかを考えなきゃダメだな」と言うようになったくらい!

本当に素晴らしい一冊なのです。

 

タイトル通り、仕事や人生において重要な7つの習慣が記されており、これを全てマスターした際には、あなたの人生は幸福に包まれること間違いなしと言っても過言ではありません。

 

ぜひゆっくりで構いませんので、一つ一つの習慣をかみしめて読んでいって欲しい、私が最もオススメするビジネス書です!

 

詳細は記事にしていますのでぜひ読んでみてください!

www.konokoneko.com

 

 


ビジネス書の古典的名著7冊を紹介させていただきました。

この他、中間管理職、営業、経営者向けなど、ジャンル別のビジネス書は下記で紹介していますので、こちらもよろしければ読んでみてください。

www.konokoneko.com