このこねこのおすすめビジネス書紹介ブログ

年間700冊の読書家このこねこがあなたに合ったオススメのビジネス書をご紹介!

MENU

2018年10月第2週に読んだ本からおすすめ本5冊を紹介


先週は14冊本を読みました。

その中からおすすめの本ベスト5を紹介します。

 

 


1位:『暗号解読』



やはり一位はこれですね!

再読ですがサイモン・シン先生の本はいつ読んでも最高です!

 

古代より続いてきた暗号開発者VS暗号解読者の叡智の粋を極めた戦いを熱く語ってくれます。

特に第二次世界大戦時ドイツが開発した最強の暗号エニグマをポーランドの若き数学者が不断の努力で解読したところなどは圧巻でした。

 

理科好きなら読んでおいて損はない1冊です!

 


2位:『まんが医学の歴史』



文字通りマンガでヒポクラテスからクローン技術までの医学の歴史をわかりやすく説明してくれている本です。

マンガですが300P以上あり、読みごたえがあります。

 

私はやはり江戸時代の日本の医者、世界で初めて麻酔下手術を成功させた華岡青洲の話が一番好きですね。

麻酔薬の実験のため、青洲の妻や母は自ら望んで実験台に志願します。

度重なる実験により母は亡くなり、妻は失明してしまいます。

そのような苦労を乗り越えついに麻酔薬を完成させた青洲は、乳がんや結石、白内障に悩む多くの患者を手術し彼らの命を救ったのです。

またその傍ら、失明した妻のために診療の暇をみては物語を読み聞かせていたそうです。

 

医学とはこうした素晴らしい人達の尽力によって発展してきたのだなぁとあらためて思いました。

 


3位:『1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考』



副業で稼ぎたい人は読んでおいた方がいい1冊です。

 

年収300万の人は月収思考でものを考え、年収1000万円の人は年収でものごとを考え、年収1億円の人は時給でものごと考えている。

今の時給の10倍稼ぎたいと思ったら、自分の思考も自分の仕事も大きく転換させる必要がある、そのことを気付かせてくれる本です。

 


4位:『起業3年目までの教科書 はじめてのキャッシュエンジン経営』



こちらも副業をしている人、始めたいと思っている人は読んでおいた方がいい1冊ですね。

キャッシュエンジン経営とは、安定して収入を得られる事業のことです。

 

起業をするんだ!という人はついつい新規事業を立ち上げることに躍起になってしまいます。

そうではなくまず既存の成功している事業をやってある程度安定した収入を確保してから、それを新規事業にぶち込むことが大事だと説かれています。

 

モノを売る方法や部下を育てる方法、人の雇い方とかも載っているので、包括的に勉強したい方にオススメです。

 


5位:『まんがでわかる 7つの習慣』



私が新社会人にまず最初におすすめする本『7つの習慣』のまんが版ですね。

第一章から「他人のせいにしない!自分で考え自分で決める」という新社会人に最初に身に着けてもらいたい能力について触れられているところも良いですね。

 

原作の方がなぜこの習慣が大事なのかという理由がしっかり書いてあるので、できれば原作の方をおすすめしますが、本を読むのは苦手という新人にはこのマンガ版をおすすめしようかなと思います。